BorderlessMusic バックナンバーBLOG*

<a href="http://www.borderlessmusic.com/"><font color="#ff0000"><b>Borderless Music<br>サイト本体へはこちら</b></font></a> <a href="http://blog.with2.net/link.php?118700"><font color="#0000ff">**現在ランキング参加中**</font></a> <br><img src="http://blog8.fc2.com/b/borderlessmusic/file/bt_flw01a.gif" border="0"> ボダレスブログへようこそ!本体サイト記事のバックナンバー的ブログです。各情報に皆様からのたくさんのコメントを頂くことによって、より多角化し充実した情報をお届け出来ると思います。ぜひたくさんのコメントをお待ちしておりますと同時に、皆様のコミュニケーションの輪と隔たりのない音楽の輪が広がり続けて行く事を願っています。 (BorderlessMusic スタッフ一同)

2005-10

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

<< 2005-09 2005-11 >>

Author

Borderless music 本体へ

blmusic

<a href="http://www.borderlessmusic.com/"><font color="#ff0000"><b>Borderless Music<br>サイト本体へはこちら</b></font></a>
<a href=&qu

Archive

Link

--.--.-- --

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.10.30 Sun

【留学生インタビューfile@001 李早恵さん(pf.)】 [留学関連情報]

留学生インタビュー
第一回 パリ国立高等音楽院 ピアノ科在学中
李早恵さん


[取材後記]

現在私が留学中のロンドンからユーロスターで3時間、芸術と食の国フランス。留学生インタビューの第一回目は、パリ国立高等音楽院ピアノ科に留学中の李早恵さんに、留学生活の醍醐味やハプニングなどを、お伺いしました。

(05/10/20/ 松本さやか)


李 早恵(Pf.)さんにインタビュースタート!


1.お名前を教えて下さい

李 早恵です。


2.専攻楽器は?

ピアノです。


3.現在留学している学校、留学期間を教えて下さい。

パリ国立高等音楽院の3年生に在籍中です。
留学してから、2年と3ヶ月になります。


4.留学をしようと思ったきっかけは?

漠然と、留学したいなとは思っていましたが
きっかけと聞かれると、偶然が重なってという感じです。
......more
スポンサーサイト

2005.10.30 Sun

【英国王立音楽院2006年度入学生募集】 [留学関連情報]

英国王立音楽院2006年度入学生募集

2006年9月入学オーディションを東京にて実施
日時:2005年11月15日(火)・16日(水)
場所:ヤマハ音楽振興会(目黒区)
募集コース:大学院コース(1年間) / 学部コース(4年間)/
ファンデーション・コース(1年間)
オーディション内容:大学院(実技演奏と面接)/ 学部とファンデーション(実技演奏、筆記試験、初見演奏、聴音、ソルフェージュに関する口頭による質疑応答、面接)
● 入学願書/学校案内(CD付き)無料送付致します。


<お問い合わせ/資料請求先> 英国王立音楽院日本センター
                  TEL/FAX 044?744?1687
Eメール: yktakamoto@yahoo.co.jp


ボーダレスミュージックサイト本体へはこちらから
他のクラシック音楽ブログへはこちらから。人気ブログランキング☆

2005.10.27 Thu

【イギリスのソルフェージュ教育】 [スタッフコラム*saya3]

【イギリスのソルフェージュ教育】


ロンドンもめっきり寒くなり、日が短くなってきました。
なんと朝は7時30分頃まで全く日が出ず真っ暗闇、夕方も18時には日没。
夏は夜22時まで明るかったのに・・(T T) これから冬に向けて益々日が短くなるらしいです。
さて、そんなロンドンで、最近気付いたこと。
こちらでも音楽教育の一環として「ソルフェージュ」があるわけですが(こちらではAural Trainingというそうです)、
日本では、視唱の時に必ず「ドレミ」と階名付きで歌わせるのに対して、イギリスでは、「ラララ?」と階名なしで歌わせることが多いようです。
確かに良く考えてみると、「ドレミ」の音程をしっかり聴き取れたり歌えたりすることは必要だけれども、必ずしも「ドレミ」をそれに合わせて付けて歌うことって、実際楽器を演奏する上では、殆ど必要ないですよね・・。声楽ですら、「ドレミ」と歌詞の付いた曲なんて実際ないわけだし。
ということは、絶対音感教育の弊害である、「なんでもドレミに分かれてこえてしまって、フレーズとして音楽的に演奏できない」という症状は、意外に日本独自のものなのかも・・。ちなみに日本語はただでさえ、文字と音とが1対1で対応しているので、日本人はどうしても音符を一つ一つぶちぶちと切って考えてしまう傾向があるそうです。(私自身、すごくその傾向がある気がする。) もしかしたら視唱教育の時に、最後の一回でも「ドレミ」ではなく「ラララ」で歌わせることで、少しでも緩和されるんじゃないかな、と思ったりします。

(2005/10/26 松本さやか)


ボーダレスミュージックサイト本体へはこちらから
他のクラシック音楽ブログへはこちらから。人気ブログランキング☆

2005.10.22 Sat

【2005年度 音楽大学学園祭日程!!!】 [音楽大学・高校/教室/スクール]

2005年度 音楽大学学園祭日程!!!

さて!文化の秋、芸術の秋の季節になりました。あちこちでコンクールシーズン真っ最中のようですが、大学も今の季節、とても熱いです!そう、どこもかしこも学園祭の準備に熱を入れている時期ではないでしょうか。一般大学でも音楽系サークルはもの凄い数あり、そのステージの迫力、またレベルの高さ、そして純粋に音楽を楽しんでいる姿に、いつも心動かされます。また音楽大学の文化祭も「さすが音大」ならではのもの!被っている日程も多いので良くチェックしながら、私もいくつかの学園祭に遊びに行こうと思っています。

各音楽大学の学園祭、文化祭の日程は以下の通り。(2005/10/21/松本あすか)


2005年度 音楽大学学園祭日程(東京近郊のみ)

・桐朋学園大学:今年度は終了済み
・東京藝術大学:今年度は終了済み

・国立音楽大学:2005年10月28日?30日
http://www.kunitachi.ac.jp/
・上野学園大学:2005年11月2日?11月3日
http://www.uenogakuen.ac.jp/
・東邦学園大学:2005年11月3日?11月5日
http://www.nagoya-toho.ac.jp/
・東京学芸大学:2005年11月3日?11月6日
http://www.u-gakugei.ac.jp/~gikogane/
・武蔵野音楽大学:2005年11月4日?11月6日
http://www.musashino-music.ac.jp/
・東京音楽大学:2005年11月4日?11月6日
http://www.tokyo-ondai.ac.jp/
・日大芸術学部:2005年11月4日?11月6日
http://www.art.nihon-u.ac.jp/
・玉川大学:2005年11月5日?6日
http://www.tamagawa.jp/
・昭和音楽大学:2005年11月6日?7日
http://www.tosei-showa-music.ac.jp/


ボーダレスミュージックサイト本体へはこちらから
他のクラシック音楽ブログへはこちらから。人気ブログランキング☆

2005.10.18 Tue

【忠犬ポチ】 [BLMオリジナルエッセイ/コラム]

ご主人様の留守の間
忠犬ポチにおやつをあげた
あたしにもう見向きもしないポチ
ご主人様の帰りだけを待つ

ほんとはただのポチだった
嬉しい時に わんと鳴き
悲しい時に わんと鳴き
感じたままに わんと鳴く

全然おりこうさんじゃなかったけれど
そんなポチが好きだった

いつからかポチの鳴き声が ご主人様の声に聞こえた

ねぇ忠犬ポチ
ポチはどこ?
ただのポチに 逢いたい



(05/10/18/)


ボーダレスミュージックサイト本体へはこちらから
他のクラシック音楽ブログへはこちらから。人気ブログランキング☆

2005.10.04 Tue

第15回ショパン国際ピアノコンクール [国内・海外コンクール]


全世界が注目する5年に一度の大イベント!ショパンコンクールの結果速報、レビューが連日更新されます。

2005年秋、世界が注目する最高の舞台「第15回ショパン国際ピアノコンクール」。こちらのピティナのサイトでは、正会員・演奏研究委員で音楽評論家の諌山隆美による即日レビューを、現地の興奮とともにお届けします。渾身のレポートを、毎日お見逃しなく!


追記(2005/10/09)


…ということで自身の連載でもお世話になっているピティナのサイトさんの即日レビューというものをのぞいてみました!ショパンコンクールの演奏はインターネットからも聴けるようなのですが、それに合わせて読んでも面白い!聴きそびれても、読んだ人に非常に分かりやすく書いて下さっているので、まるでポーランドにいる気分が味わえます!素敵な時代になりました(笑)。


......more

2005.10.01 Sat

ボーダレスリング【no.1/金子鈴太郎さん】 [演奏家/音楽団体]

ボーダレスリング記念すべきno.1は若手チェリスト!
  金子鈴太郎さんに24の質問! スタート!


1.名前 あだな 

金子 鈴太郎(かねこ りんたろう)、この名前のおかげで、大体「りんたろう」と呼ばれてます。


2.ホームページやブログのURL

http://rintaro.online.fr/


3.現在のおすまいは?

大阪です。


4.演奏する楽器は?始めた年齢ときっかけは?

両親が音楽をやっていたのではないのですが、とても好きだったらしく、それでやらされてました。4歳でピアノを、7歳でチェロを始めました。


5.演奏するジャンルは?

バロックからコンテンポラリーまで、何でも弾きます。


6.現在の学校or活動内容は?

大阪シンフォニカー交響楽団で演奏しています。
http://www.sym.jp/


7.主な経歴は?

桐朋学園付属ソリスト・ディプロマコース、ハンガリー国立リスト音楽院で勉強しました。

......more

Category

Recommend

Recent Entry

Recent Comment

Recent Trackback

Skin:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。