FC2ブログ

BorderlessMusic バックナンバーBLOG*

<a href="http://www.borderlessmusic.com/"><font color="#ff0000"><b>Borderless Music<br>サイト本体へはこちら</b></font></a> <a href="http://blog.with2.net/link.php?118700"><font color="#0000ff">**現在ランキング参加中**</font></a> <br><img src="http://blog8.fc2.com/b/borderlessmusic/file/bt_flw01a.gif" border="0"> ボダレスブログへようこそ!本体サイト記事のバックナンバー的ブログです。各情報に皆様からのたくさんのコメントを頂くことによって、より多角化し充実した情報をお届け出来ると思います。ぜひたくさんのコメントをお待ちしておりますと同時に、皆様のコミュニケーションの輪と隔たりのない音楽の輪が広がり続けて行く事を願っています。 (BorderlessMusic スタッフ一同)

2005-07

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

<< 2005-06 2005-08 >>

Author

Borderless music 本体へ

blmusic

<a href="http://www.borderlessmusic.com/"><font color="#ff0000"><b>Borderless Music<br>サイト本体へはこちら</b></font></a>
<a href=&qu

Archive

Link

--.--.-- --

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.07.26 Tue

ミックス [スタッフコラム*akka]

ハーフで産まれてきた子供達は、大人が気をつけてあげないと、本人が自覚するアイデンティティがあやふやなまま育ってしまうらしい。例えば米×日だとして。その子は日本にいれば誰が見ても純日本人には見えない。綺麗な日本語で友達としゃべっても、本人はどこか一致しない感覚を覚える。そして家に帰る。お父さんと英語でしゃべる。それもしっくりいかない。
「どちらも中途半端」ということでなく、「どちらも違う」のだ。あれ?するとその子の居場所は?そこで最近はハーフの子の事を「ミックス」と呼ぶのだそうだ。どちらとも違う。それが当然。中途半端でもなんでもない。なるほど「ハーフ」って言葉からは、どちらにもなりきれなかった感じがする。ひとつの出来あがった「ミックス」ということなのだろう。


もし今自分も、ドコに属することをイメージしてもどれもしっくりいかないのだとしたら、今ある様々なものを見つめて、学んで、結局は今どこにもないものを描こうとしてるのかもしれないと思った。(050726/akka)
スポンサーサイト

2005.07.25 Mon

BLMスタッフsaya3のロンドン音楽留学日記 [スタッフコラム*saya3]

さやかのロンドン音楽留学日記 http://sayalondon.exblog.jp/

ボーダレススタッフsaya3のイギリス留学日記公開中です^^ボーダレスサイト本体やバックナンバーブログと共にこちらも応援よろしくお願いします。テロ続きのロンドンですが元気に頑張ってるみたいです^^サイト本体では今後、留学関連情報ページもup予定☆(akka)

2005.07.08 Fri

若草物語6?オーケストラと協演しませんか? [オーディション]

オーケストラと協奏曲を共演する機会を提供します。あなたもチャレンジしてみませんか。
「若草物語6─仙台フィルハーモニー管弦楽団と若い音楽家によるコンサート 」の出演者を募集します。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
参加資格:
2006年4月1日現在で18歳以下

開催部門:
ヴァイオリン部門ならびにピアノ部門

申込締切:
2005年9月26日(月) 消印有効
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
仙台市では、2001年に仙台国際音楽コンクール(ヴァイオリン部門とピアノ部門の2部門で構成)を創設、2004年5月?6月に第2回コンクールを開催するなど、音楽を志す若い世代の育成と支援に力を入れています。 その一環として1997年から 「若草物語」 を実施し、今回が6回目になります。
「若草物語」 は、オーディションによって選抜された若い音楽家にオーケストラと協奏曲を共演する機会を提供するという事業で、過去5回で15人の若い音楽家たちが仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演、聴衆の温かい拍手と賞賛を得ました。
才能ある若い音楽家を輩出し、音楽文化の振興に寄与することを目的としてこの 「若草物語」 を実施しています。 (公式HP詳細より)
詳細はコチラ「仙台国際音楽コンクール」から若草物語のページへ



2005.07.04 Mon

ベスト・クラシック100 [CD]




徐々に上昇中のクラシックブームの火付け役となるCDがこちら、ベスト・クラシック100!!6枚組みのこのアルバムには全部で100曲収録されており、これで3000円という超破格の値段。クラシックなど興味もないような(?)現代の若者が気軽にこのCDを手にし買っていくそう。音大のコーナーでも紹介した「のだめカンタービレ」の影響ですっかりブームになりつつあるクラシック。この100曲を押さえておくだけでもクラシック入門としては充分過ぎる内容だと思います。

Category

Recommend

Recent Entry

Recent Comment

Recent Trackback

Skin:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。