BorderlessMusic バックナンバーBLOG*

<a href="http://www.borderlessmusic.com/"><font color="#ff0000"><b>Borderless Music<br>サイト本体へはこちら</b></font></a> <a href="http://blog.with2.net/link.php?118700"><font color="#0000ff">**現在ランキング参加中**</font></a> <br><img src="http://blog8.fc2.com/b/borderlessmusic/file/bt_flw01a.gif" border="0"> ボダレスブログへようこそ!本体サイト記事のバックナンバー的ブログです。各情報に皆様からのたくさんのコメントを頂くことによって、より多角化し充実した情報をお届け出来ると思います。ぜひたくさんのコメントをお待ちしておりますと同時に、皆様のコミュニケーションの輪と隔たりのない音楽の輪が広がり続けて行く事を願っています。 (BorderlessMusic スタッフ一同)

2005-05

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

<< 2005-04 2005-06 >>

Author

Borderless music 本体へ

blmusic

<a href="http://www.borderlessmusic.com/"><font color="#ff0000"><b>Borderless Music<br>サイト本体へはこちら</b></font></a>
<a href=&qu

Archive

Link

--.--.-- --

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.05.29 Sun

演奏会への服装。 [ドレス]

ドレスページをやっと直し始めました。編集しながら思ったこと。クラシックの演奏会って皆さん何を着ていったらいいか迷うのだろうな。「ルールはあるんですか?」と聞かれる事もあります。相手への礼儀というけれど、自分の場合自分自身が気後れするのが嫌だということ、普段と違う空気を味わいたいということからフォーマルにして行く。逆に、いつもの自然体の自分のままがいい…とジーパンで行く人もいるし、そのような雰囲気を好む演奏者も近年はよくいる。それぞれの音楽との関わり方を見つけて欲しいなぁなんて思いました。(る)
スポンサーサイト

2005.05.21 Sat

アールズガウン [ドレス]

フォーマルドレスの専門店アールズガウン(R's gown)!新作ドレスが毎週入荷。サイズも豊富でXSから4Lまであるので安心。ちょっとしたパーティーから演奏会まで、あらゆる場面適応できるセンスの良いドレスが多いです。人と差をつけたデザインをお探しの方も必見!シンプルデザインはもちろん、国内では数の少ないサイズのものも揃っています。その他バッグ、アクセサリーなどの小物類も充実。女性スタッフ厳選アイテムをロープライスでお届けしています。NYとLAのドレスメーカーと提携しているために実現出来た価格です。オンラインドレスショップでは人気知名度などトップクラスなのでお買い物も安心です。ダントツオススメ☆(akka)

→アールズガウンの商品はこちらから見れます。

2005.05.05 Thu

ふわふわ。り [HP素材/作成]

独学というか自己流で(汗)HPを作り始めて早…ウン年。。
過去にいくつものデザインがゴミ箱行きになりました。
初めて作ったサイトは気合い入れて人のコピータグいじってていつのまにかレイアウトがごちゃごちゃになって修復不可能になり…ぽい。泣。
HP作ってて一番楽しい時間はデザイン考えたりアイコン作ったり画像編集してるときー!なのです。いつまででもやってられます。あと素材屋さんめぐりー!
今回のボーダレス作るにあたり、自分のサイトイメージにぴったりーだったのがこの「ふわふわ。り」。めっちゃくちゃ好き。特に空気感が。自分のイメージにぴったりっていうだけでなく、このサイトのイラストからさらにインスピレーションを受けて、より自分の中のボーダレスのサイトイメージをしっかり作って行く事が出来ました。ふわふわ。り様、これからもボーダレス皆で応援してます!ありがとうございます!いつか音楽とコラボレートしてくださいっ!笑

良いものに触れると自分の中の感性みたいなのの蓋がぱかっと開くような音がして、そんなものに出会うために日々街を歩いたり景色を眺めたり……のはずが引きこもってネットサーフィンしているあたしなのでした苦笑

でもそのおかげで良いサイトにもめぐりあえたんだもんっ。(akka)

2005.05.04 Wed

本体公式オープンまでもう少し!!STAFF総出徹夜のGW中! [スタッフコラム*akka]

ですっ笑

HTMLのタグとにらめっこの日々で昨日は仮眠中夢でまでPHOTOSHOPでバナーを作っていました。でも好きなので疲れないんだなこれが^^
好きな事に夢中になってるときって頑張ろうとか変な気合い入れなくても、自分でも驚く程の集中力で作業がはかどる。スタッフも分担作業だけど、ぶっちゃけ自分の不得意なことは他人にまかせて笑自分のやりたい作業に没頭してるのがとってもよいみたいです。これからたくさんの人が喜んで遊びにきたいと思ってくれるような、そんなサイトに出来るよう引き続き頑張ります!

いざっ。再びタグと格闘っ。

(AKKA)

2005.05.04 Wed

民族楽器 [楽器/楽器購入]


一度は弾いてみたかった民族楽器!その独特で純粋な音色はいまやあらゆるジャンルのコンサートライブ、レコーディング等で取り入れられています。豊富な種類からお気に入りの楽器を是非見つけてください。贈り物にも喜ばれます。

世界の民族楽器がいっぱい!直輸入でお届けします。

2005.05.04 Wed

Ben Fols Five [CD]

初めてベンフォールズの音を聴いた時。ひそかに抱いていた「ピアノを弾く」ということの自信を打ち砕かれてしまったという人は少なくないと思う。私もその一人である。技術さえあれば弾けない曲はない、ましてやポップスなんて初見か耳コピですぐ弾ける…そう思っている人は是非まず聴いて下さい。彼のピアノは、とっつきにくいと思わせる「JAZZ」と、迎合していると言われる「POPS」が、芸術にこだわる「クラシック」も驚く程の技術を持って、融合し全く新しい「Ben Folds Five」というジャンルと世界観とサウンドを作り上げてしまった。

ギターレスのピアノトリオバンド「Ben Folds Five」。解散してしまっても個々の活動に期待するが、個人的にはベンフォールズの一枚目のアルバム「Ben Folds Five」が圧倒的に好きだ。(AKKA)

■詳細・購入はこちらから

2005.05.03 Tue

アマチュア音楽コンクール [国内・海外コンクール]

アマチュア音楽コンクールが今熱い。


音楽大学などの専門教育機関に在学あるいは卒業していないことが出場条件であるが、実際のコンクールの場では音大生顔負けの名演が繰り広げられている。最近ではアマチュア部門で1位を受賞したピアニストがその後、音大生も含めた部門でも入賞してしまう、などアマとプロの逆転現象(?)すら起きている。もともと音楽の世界には「プロ」になるための資格や試験があるわけではないし、もはや「アマチュア」「プロ」という呼び方の分け方自体が意味をなさないのかもしれないが・・。


なんとなく小さい頃から続けていた音楽というレールの上を受動的に走り続けてきてしまってきた人が比較的多い音大生に比べ、音楽大学を卒業していないアマチュア演奏家は、自分が音楽を弾くことの喜びや意味を心からかみしめ、素直に楽しんでいる方が多い気がする。 少なくともコンクールに出ている人達の「音楽好き度」の平均値は、アマチュアコンクールの方がもしかしたら上かもしれない。

今日本で行われている主なアマチュアコンクールは次のとおり。一度聴きに行ってみると、改めて「専門音楽教育」の意味を色々と考えさせられるきっかけになるのでは。


■PTNAピアノコンペティショングランミューズ部門Bカテゴリー
(主催:全日本ピアノ指導者連盟)
http://www.piano.or.jp/compe/2005/grandmuse.html
■アマチュア・クラシックコンクール ジラの門
(主催:国際芸術連盟)
http://www.t-saison.co.jp/teiki-17/t_jira.htm

(chako)


2005.05.03 Tue

のだめカンタービレ [音楽大学・高校/教室/スクール]



のだめカンタービレ

これぞ音大生活の実際を知るのに最適(?)なマンガ!!老若男女、音楽に縁のなかった人たちまでを巻き込んで社会現象にまでなった音楽マンガです。指揮者を目指す優秀男子千秋と、不思議少女のだめが巻き起こす爆笑コメディ。軽いタッチでとても読み易いですが、内容はかなり「音楽をすること」の本質突いています。ちなみにモデルとなっている舞台は調布市の桐朋学園大学だとか。第28回講談社漫画賞受賞。(saya3)

2005.05.02 Mon

防音カーペット [防音関連]

周囲への音は気掛りだけれども防音室を作る程の予算はない・・という方には取り合えず防音カーペットは必須でしょう。最近の防音カーペットは、防音性とファッション性を兼ね揃え、また色、サイズ、素材とも豊富。中でも遮音等級LL35という高い防音性を持ちながら、上品な5色、3素材から選べるスミノエ「サウンドガードカーペット」シリーズは特におすすめ。素材によって「サウンドライン」「サウンドハーモニー」「サウンドメロディ」の3種があります。楽天市場経由で購入すれば大幅値引きのものも。例えばピアノの下に敷く面積分だけなら1?2万円の範囲内で見つかります。

ちなみにBorderlessスタッフのchakoはサウンドメロディのベージュを愛用中。空気清浄効果もあるとのことで、そういえばなんとなーく快適な気が^^(050502/chako)

防音カーペット大幅割引オンライン購入はこちらから (提携:楽天)


2005.05.02 Mon

オーケストラ楽器別人間学 [書籍]



「 バイオリンやっている人って○○な人が多いよねー。」
「 ホルンの人って皆○○じゃない??」

などなど、音大生や音楽家の中ではよくある会話でしょう。楽器が人の性格に影響するのか、はたまた性格によって選ぶ楽器が変わるのか?二つの視点からの検証はとても興味深いです。有名人架空オーケストラを作るとしたら、あの人はこの楽器、などなど爆笑箇所満載のおすすめエッセイ。

(050502/chako)

2005.05.01 Sun

テスト記事 [スタッフコラム*akka]

テストです。右メニューがSafariだと正常に表示されるのにIE5.2でMacですと、左メニューが一番したまでいったところから右メニューが表示されます。タイトルの文字の大きさもSafariより小さくなってしまいます。どなたかおしえていただけないでしょうか?

Category

Recommend

Recent Entry

Recent Comment

Recent Trackback

Skin:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。