BorderlessMusic バックナンバーBLOG*

<a href="http://www.borderlessmusic.com/"><font color="#ff0000"><b>Borderless Music<br>サイト本体へはこちら</b></font></a> <a href="http://blog.with2.net/link.php?118700"><font color="#0000ff">**現在ランキング参加中**</font></a> <br><img src="http://blog8.fc2.com/b/borderlessmusic/file/bt_flw01a.gif" border="0"> ボダレスブログへようこそ!本体サイト記事のバックナンバー的ブログです。各情報に皆様からのたくさんのコメントを頂くことによって、より多角化し充実した情報をお届け出来ると思います。ぜひたくさんのコメントをお待ちしておりますと同時に、皆様のコミュニケーションの輪と隔たりのない音楽の輪が広がり続けて行く事を願っています。 (BorderlessMusic スタッフ一同)

2018-06

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<< 2018-05 2018-07 >>

Author

Borderless music 本体へ

blmusic

<a href="http://www.borderlessmusic.com/"><font color="#ff0000"><b>Borderless Music<br>サイト本体へはこちら</b></font></a>
<a href=&qu

Archive

Link

--.--.-- --

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.05 Tue

第1回:流しミュージシャンなあいつら [山根悟郎の「ブリュッセル通信」]

 ブリュッセルで地下鉄や路面電車に乗っていてたまに遭遇するのは、いわゆる流しのミュージシャンという人たちである。果たして彼らはしかるべき当局からしかるべく許可を得てやっているのだろうか、ということは分からないが、けっこう出会う。人が素通りしてしまう街頭などとは違い、ともかくドアが開くまでは強制的に聞いてもらえるわけだから、効率がいいといえば良いのかもしれない。腕前は人によりまちまちである。中にはレパートリーは一曲だけなのか、いつ会っても同じ曲を歌っている人もいる。ともかく一曲、あるいは数曲を一つの車両で披露した後、えー、どうもどうも、聴いてくださって感謝、とか言いつつ車両内を端から端まで歩いて寄付?を募るのだ。元来けちに出来ている私は、今の今まで一度もあげたことがないのだが、見ていると意外にも多くの人(各車両5人程度)が小銭をあげているようである。......more
スポンサーサイト

Category

Recommend

Recent Entry

Recent Comment

Recent Trackback

Skin:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。